映画『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道』

過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい写真家森山大道

  • 第28回レインダンス国際映画祭 Arty部門 正式招待作品 OFFICIAL SELECTION RAINDANCE FILM FESTIVAL 2020
  • 第4回 西湖国際ドキュメンタリー 映画祭 正式招待作品 OFFICIAL SELECTION WEST LAKE INTERNATIONAL DOCUMENTARY FESTIVAL
  • 第22回 全州国際映画祭 ワールドシネマ部門正式招待作品  OFFICIAL SELECTION JEONJU INTERNATIONAL FILM FESTIVAL

News

  • 5/12(水)からの上映情報につきまして

    各地で発出されている緊急事態宣言により、上映予定に変更が生じております。
    ご鑑賞を楽しみにして下さっていた皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、
    今週公開する劇場の最新情報をご案内させていただきます。
    「劇場/Theater」のページと併せてご確認頂けましたら幸いです。
    こんな状況ではございますが、皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

    ■新宿武蔵野館
    変更前:4/30(土)〜
    変更後:現在休館中ですが、5/11(火)15時に新たな上映予定を発表しますので今しばらくお待ちください。

    ■渋谷ホワイトシネクイント
    変更前:4/30(土)〜
    変更後(※5/11 12:00更新):現在休館中ですが、5/11(火)15時に新たな上映予定を発表しますので今しばらくお待ちください。

    ■アップリンク吉祥寺
    現在休館中ですが、公開予定には変更なし:5/14(金)〜

    ■あつぎのえいがかんkiki
    変更なし:5/15(土)〜

    ■名演小劇場
    変更なし:5/1(土)〜絶賛上映中

    ■シネ・リーブル梅田
    変更前:4/30(土)〜
    変更後:緊急事態宣言のため現在休館中。今後は5/31(月)まで引き続き休館。新たな上映予定は後日発表。

    ■京都シネマ
    変更前:4/30(金)〜
    変更後:4/30(金)〜5/6(木)で一旦上映終了しています。緊急事態宣言の終了後、アンコール上映の可能性あり

    ■神戸アートビレッジセンター
    変更前:5/15(土)〜28(金)
    変更後:5/22(土)〜28(金) ※緊急事態宣言の終了後、アンコール上映の可能性あり

  • 公式パンフレットについて

    本日より上映の劇場では、本作の公式パンフレットを販売しております。
    映画にも登場する造本家の町口覚さんによる造本設計で、
    合計80ページのボリュームながら、税込1000円と入手し易い価格です。
    ぜひ、映画鑑賞の記念にお買い求め頂ければと思います。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    パンフレットの仕様

    (パンフレットには)本作に登場する、すべての森山大道作品のイメージが掲載されています。
    また、このパンフレットの表紙と裏表紙は様々なバージョンがございます。
    内容は同じですので、それぞれの表情の違いをお楽しみください。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ※表紙と裏表紙は、様々なバージョンがありますが、
    こちらご購入の際は選べませんので、ご了承いただければと思います。
    どの表紙になるかが分からないことも含めて、お楽しみいただければ幸いです。

  • 今週末4/30〜の公開情報

    4/30(金)、緊急事態宣言による休館のため、
    当初より上映劇場は少なくなりましたが、
    以下の映画館では上映致します。
    皆様のご来場をお待ちしております。

    京都・京都シネマ
    4/30(金)〜5/6(木)
    15:50
    ※一旦5/6で終了しますが再映を予定しております

    愛知・名演小劇場
    5/1(土)〜7(金)
    10:00 12:20 18:50
    ※5/8(土)以降も続映ですが時間は未定です

  • 緊急事態宣言に伴う劇場の上映予定につきまして

    4/25(日)10:00現在の情報となります。また新たな情報が決まり次第、こちらでお知らせ致します。公開を楽しみにしてくださっていた皆様には申し訳ございませんが、何卒、よろしくお願い致します。


    東京
    新宿武蔵野館:緊急事態宣言中は休館(※4/26更新)
    ホワイトシネクイント:緊急事態宣言中は休館

    大阪
    シネ・リーブル梅田:緊急事態宣言中は休館

    京都
    京都シネマ:予定通り4/30より上映(※4/26更新)

    名古屋
    名演小劇場:予定通り5/1(土)より上映


    ※休館になった劇場の振替の上映予定は、今後、各劇場と協議の予定です。
    ※上映予定の最新情報は、本作Twitterでもご報告させていただきます。 https://twitter.com/daido_doc
  • 4/30以降の公開につきまして

    4都府県に緊急事態宣言が発令されたことを受けて、4月30日以降の上映情報につきまして、各映画館が現在対応を協議中です。今後の上映予定などについての最新情報は、本作Twitterにてご報告させていただきます。 https://twitter.com/daido_doc
  • 4月11日(木)よりNADiff a/p/a/r/t店内地下のNADiff Galleryにて『森山大道写真集成⑤ 1960-1982東京工芸大学 写大ギャラリー アーカイヴ』(月曜社)の刊行を記念した写真展を開催!

    工芸大・写大ギャラリー、渋谷PARCO8F・ほぼ日曜日での展覧会につづき、こちらも森山大道さん関連のイベントが決まりました。ぜひ、映画と併せてご覧ください!

    ■開催概要
    この度、NADiff Galleryにて、『森山大道写真集成⑤ 1960-1982東京工芸大学 写大ギャラリー アーカイヴ』(月曜社)の刊行を記念し、森山大道写真展の開催が決まりました。

    本書は、東京工芸大学芸術学部写大ギャラリーが所蔵する1960年から1982年に撮影された930点にも及ぶプリントが掲載された、森山大道の初期作品を辿る作品集です。

    1960年代初頭、雑誌『カメラ毎日』編集長・山岸章二に見出され、歌人・劇作家の寺山修司と出会い、1968年に初めての写真集『にっぽん劇場写真帖』(室町書房1968年)を刊行。『にっぽん劇場写真帖』に続く、『狩人』(中央公論社1972年)、『写真よさようなら』(写真評論社1972年)、『光と影』(冬樹社1982年)といった初期の名作写真集は、「森山大道写真集成」シリーズとして、月曜社より2018年から決定版が刊行されてきました。この度刊行となる『森山大道写真集成⑤ 1960-1982東京工芸大学 写大ギャラリー アーカイヴ』は、シリーズ完結作であり、雑誌や写真集には掲載されていない未発表作も多く含まれた貴重なアーカイヴとなっています。

    本展では、『森山大道写真集成⑤ 1960-1982東京工芸大学 写大ギャラリー アーカイヴ』に掲載された930点の膨大な作品群から、1968年刊行のデビュー作となる『にっぽん劇場写真帖』誕生前の雑誌に掲載されたシリーズに注目しました。1960~80年代は、『カメラ毎日』をはじめ『現代の眼』や『アサヒグラフ』といった雑誌の仕事が写真家の発表の場であり、森山大道の写真は雑誌文化のなかで人々を熱狂させてきました。 本書は、月曜社と造本家・町口覚の仔細な調査によって、雑誌・写真集の掲載作品が分類されており、展覧会では作品集の編集過程を辿るように、編集の手がかりとなった雑誌のアーカイヴもあわせてご覧頂けます。森山大道の初期作品の魅力をこの機会にぜひご体感ください。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    Before 1968
    DAIDO MORIYAMA’s works from magazines
    2021.04.15[木]—2021.05.30[日]
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    営業日:木、金、土、日、祝
    営業時間:13-19時

    前期・後期で展示作品の入れ替えがございます。
    前期 4月15日(木)-5月9日(日)
    後期 5月13日(木)-5月30日(日)

    前期・出展作品
    月刊誌「現代の眼」 1964 年8 月号(現代評論社) 〈通行人〉より
    月刊誌「現代の眼」 1965 年2 月号(現代評論社) 〈無言劇〉より
    月刊誌「現代の眼」 1965 年7 月号(現代評論社) 〈デコレイション〉より
    月刊誌「カメラ毎日」 1965 年8 月号(毎日新聞社) 〈ヨコスカ〉より
    月刊誌「カメラ毎日」 1965 年10 月号(毎日新聞社) 〈純喫茶〉より

    後期・出展作品
    週刊誌「アサヒグラフ」 1966 年9 月16 日号・1966 年9 月30 日号・1966 年11 月18 日号・1966
    年12 月2 日号・1966 年12 月23 日号(朝日新聞社) 〈街に戦場あり〉より
    月刊誌「カメラ毎日」 1967 年1 月号(毎日新聞社) 〈にっぽん劇場〉より

    展覧会HP
    http://www.nadiff.com/?p=23368

    NADiff a/p/a/r/t
    150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-18-4 NADiff A/P/A/R/T 1F
    TEL. 03-3446-4977
    ※当面の間、下記の通り営業日と時間を変更して営業しております。
    営業日:木、金、土、日、祝
    営業時間:13-19時
  • 展覧会「はじめての森山大道。」開催決定! 渋谷PARCO8階にて森山大道の映画と展覧会が同時に観られる貴重な機会に。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    展覧会「はじめての森山大道。」開催決定!
    “写真家・森山大道のことをぜんぜん知らなかった人にこそ見にきてほしい展覧会”

    渋谷PARCO8階のイベントスペース「ほぼ日曜日」にて、
    森山大道の映画と展覧会が同時に観られる貴重な機会に。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    先日の東京工芸大学・写大ギャラリーに続き、新たに関連する展覧会の開催が決定致しました。

    この展覧会は、現在82歳、60年にもおよぶキャリアを持つ世界的に有名な写真家・森山大道の入門編となる展覧会として企画され、「ほぼ日刊イトイ新聞」が運営するイベントスペース「ほぼ日曜日」で開催されるものです。

    傑作写真の数々とあわせ、森山自身の言葉も紹介し「写真家・森山大道のことをぜんぜん知らなかった人にこそ見にきてほしい」展覧会として企画されました。なお、会期中は同じく渋谷PARCO8階にある渋谷ホワイトシネクイントで映画『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道』も上映しているため、森山大道という一人の稀有なアーティストの魅力を、展覧会と映画を通して、しかも同じフロアで鑑賞できる貴重な機会となります。

    ぜひ、この機会に映画と併せて、ご来場いただければと思います。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ■展覧会「はじめての森山大道。」

    ●会期:2021年4月30日(金)~5月30日(日)
    ●会場:ほぼ日曜日 渋谷PARCO8階
    ●時間:11時~20時
    ●料金:600円(小学生以下無料)
    ※ご来場の方に、森山大道フィルム風しおりと100nuts(100円分のお買いものチケット)をプレゼント。
    https://www.1101.com/daido-moriyama/index.html 

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  • 「森山大道 写真展『衝撃的、たわむれ』写大ギャラリー森山大道アーカイヴより」開催!

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    森山大道の未発表含む初期の代表的モノクロ作品約60点の展示が決定!
    森山自らがプリントした60s,70sの貴重なヴィンテージプリントが一挙に見られる。
    東京工芸大学写大ギャラリーにて3月22日(月)~5月31日(月)まで開催。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    映画『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道』の公開と同時期に、
    なんと森山大道さんの展覧会が開催されることが決定致しました!

    同展は、1960年代から1970年代に制作された森山の初期の代表的な作品の貴重なヴィンテージ・プリントを約900点所蔵している東京工芸大学写大ギャラリーにおいて、「森山大道 写真展『衝撃的、たわむれ』写大ギャラリー森山大道アーカイヴより」と題して、3月22日(月)~5月31日(月)に開催されるものです。

    映画内では、森山のデビュー作「にっぽん劇場写真帖」(1968年)復刊プロジェクトが描かれますが、まさにその「にっぽん劇場写真帖」からの作品や、写真集「狩人」(1972年)、カメラ雑誌、個人誌「記録」などに発表されたもの、さらに未発表のプリントも今回の展示に含まれています。

    また、開催にあわせ、『森山大道写真集成⑤ 1960-1982 東京工芸大学 写大ギャラリー アーカイヴ』 (月曜社)が発刊されます。写大ギャラリーに収蔵されているすべての森山作品と詳細な作品リストが掲載されます。

    日本を代表する写真家として1960年代より活躍する森山大道。近年では、ニューヨーク、パリ、ロンドンなど、海外の美術館で大規模な展覧会が開催され、世界各地で写真集が出版されるなど、国際的な評価も高まっており、2021年春は森山の活動を映画、展覧会両面から知ることのできる貴重な機会となります。

    皆様のご来場をお待ちしております。

    ーーーーーーーーーー
    ■森山大道 写真展「衝撃的、たわむれ」 写大ギャラリー森山大道アーカイヴより

    ●日時:2021年3月22日(月)~2021年5月31日(月)
    日曜日休館 (月~土)10:00 ~18:00 ※開館時間についてはホームページをご参照ください。

    ●会場:東京工芸大学写大ギャラリー
    http://www.shadai.t-kougei.ac.jp/
    〒164-8678 中野区本町 2-4-7 5 号館(芸術情報館)2F TEL 03-3372-1321(代) 地下鉄丸ノ内線/大江戸線「中野坂上」駅下車 1 番出口・徒歩7分

    ●主催:東京工芸大学芸術学部
    ●協力:森山大道写真財団、月曜社、マッチアンドカンパニー、株式会社テレビマンユニオン、株式会社ほぼ日
    ーーーーーーーーーー
  • 公式サイト リニューアルしました。

    4月30日(金)の公開に向けて、公式サイトが完成しました。 大道さんのスナップワークを背景動画に使い、 映画に関する情報も充実したサイトになりました。 公開劇場は地方の劇場もどんどん増えていく予定ですので、お楽しみに!